Facebook

Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from bodhitreejp. Make your own badge here.

●モバイルサイト●





bodhitreeについて
 

◆BodhiTree-名前の由来
バンコクやインドで出会ったBodhiTree(菩提樹)の木の下は、
木陰で休む人や鳥や動物たちの憩いの場所になっています。
そんな癒しの場になれたら…という思いをBodhiTreeの名に託しています。

2007年BodhiTree webショップ誕生。
天然石アクセサリー&タロットのお店。 各種イベント出店中(不定期)。
オリジナル・アクセサリーはじめ、独自の視点で選び抜かれたパワフルで美しい
ジャンルに囚われない天然石・ルースを扱っています。
Bodhitreeの扱うペンダント・ルースは海外より直接買付け・加工されたものです。



店長kiranaについて
 

Kirana


仕入れ・商品企画・サイトデザインをこなすひとり総合商社。
只今ネットショップ運営とタロットリーディングに従事しています。

太陽:ふたご座  月:乙女座  A型

私の星座の太陽はふたご座です。
ふたご座は二面性があるとかいわれる星座ですが、
そんなふたご座らしく、二つの側面から自己紹介をします。

 
* * *

A面


小さな頃から絵が好きで、幼少期に祖母と散歩の途中に通りかかった
画廊の前に張り付いて離れなかったと聞かされました。
紙以外のものに描くことにも意欲的で、一度箪笥の引き出しを全部引っ張り出して、
内側にクレヨンでドローイングをし、母親にひどく叱られた事を覚えています。

小さな頃の夢は漫画家と外交官。
思春期に入ると共に、漫画への情熱は薄れていきましたが、
物心ついた時から、外国に住んでみたいと思っていたせいか、何かと海外にご縁のあったこれまで。
高校時代オレゴンにホームステイをしたのが初めての海外滞在経験でした。

高校卒業後は暫くOLをしましたが、何かが違うと思い到り、グラフィックデザイナーへ転身。
自由な雰囲気で仕事が出来ること、自分の力でやりたい仕事を手に入れた達成感があり、
概ね幸せでした。しかし、激務に身体は悲鳴をあげていて、
どうしていつも100%の満足は手に入らないのだろう?と感じていました。

そんな時、暫く音信不通だったOL時代の先輩と再会する事となり、
インドへ行くと聞かされ、何故か私もお供することに。
そこで訪れたのはプーナ市郊外にあるOSHO RESORTでした。
そこでの体験は、その後の生き方に大きく影響する事となりました。

それから私はデザインの仕事をこなしながら、
インドに通う生活を暫く続け、アート・セラピーやリーディングなど、
目に見えない世界の科学について学びました。

30歳の時に転機が訪れ、オーストラリアへ語学留学後、
ボランティア・スタッフとしてOSHO RESORTで英文月刊誌や単行本のデザイン、
通訳を体験した後アジアを旅し、約2年間を海外で過ごします。

その後日本へ戻った私は、暫く紆余曲折しながら、
インドで得た人脈も手伝って、天然石の仕事を始めることとなりました。

 
* * *

B面


ここからは少し不思議な裏Profです。

幼少期からエネルギーに敏感だった私は
他の人が感じないものを見たり聞いたりすることがありました。
小学生にしてタロットを覚えたり、12星座の特徴を全部言えるような
風変わりな子供でした。

20歳位の時、初めて自分の暗い影と向き合うことになり、
当時、朝が来ると絶望して泣いてばかりいました。

そんな或る日の事、『U』という人物がアルバイトをしていたお店にあらわれました。
彼の目は何もかも見通してしまう様で、不思議なくらいに透き通っていてとても印象的でした。

彼は静かに私に話し始めたのですが、それは私が誰にも話していない個人的なことばかりで、
驚きのあまり言葉も出ませんでした。
彼はその後の私の人生にとって、とても大切なメッセージを運んで来てくれました。

何でもお見通しの様に見える彼に、「あなた一体何者ですか?」と尋ねました。
彼は悪戯っぽく笑うと、自分の事を宇宙人だと言いました。
普段なら冗談だろうと相手にしませんが、その目を見た時に何故か本当なんだな…と
確信した自分が居たのでした。

そのミーティングを境に、昨日までの暗い影が嘘の様に元気になっていました。

時々道を見失う事もありますが、自分を支えてくれている
大きな存在を感じる事が出来れば大丈夫だと思える今日この頃、

道は平坦ではないですが、私に出来る事をやらせて頂きながら、
ゆっくり進んでいきたいと思っています。