コロナ闘病の記録

コロナ感染大爆発している東京ですが、
2日ほど前に友人と外食→翌日:喉の痛み発症。
昨日:39度近くの高熱、空咳が出る。
今日:痰が絡む咳が出始める。

近所の発熱外来で抗原検査→結果、陽性でした。

絶対そうだよね〜とは薄々感じていましたが、とうとうコロナにかかっちまった。。。高熱出て滝汗、喉は腫れて痛いし、体がめちゃしんどいです。因みにワクチン(ファイザー)昨年末2回摂取済み。後々どなたかのお役に立てる様に、ここへ闘病記録を残していきたいと思います。

コロナ闘病:2日目
まず保健所へ電話しても全然繋がらない。近所の主治医は発熱外来が爆発的に増えているという理由で診療を断られた。ネットで「発熱外来」でググって近所の4、5件の医院へ問い合わせてみたけど、医院によって対応は様々でした。どの医院も朝一電話してその日の受診予約を取るシステムだったけど、某総合病院は朝一並んでその日の整理券を受け取り順番に診療だとか。熱がある人にそれは現実的じゃない。結局発症2日目は病院を調べるだけで終わってしまった。

薬のおかげかもしれんが、熱は1日のうちに上がったり下がったりするみたい。熱が下がって比較的動ける時にシャワー→ご飯→インコの世話、片付けなどをする。近所の友が食べ物などを届けてくれているけど、こんな時一人暮らしは辛い。

夜は薬が効いたのか、熱もひいてかなり身体が楽になった。

コロナ闘病:3日目
朝、平熱に戻っていたのに徐々に熱が上がり始めてお昼前にはまた38度台に。昨日調べた医院の一つに電話して、結局そこで診てもらえることになったので、風邪薬を飲んで熱を冷まして準備。公共の乗り物に乗ってはいけないということなので、自転車で向かった。歩いても15分程だけど、外は暑いのだ。

抗原検査を受けて待つこと10分。結果は陽性だった。

陽性が出た後の看護師さん達の私に対する態度が変わったのはちょっとウケた。まるで自分が病原菌になった様な気分。。。ま〜しんどいし、誰もうつりたくはないよね。カロナールを処方されたので、薬局に受け取りに行った時も、薬局のスタッフ3人が私が手渡した処方箋を覗き込んで、あっ!みたいな反応をした。薬と保険証をビニール袋で返却された。(笑

医院でもらったコロナ患者用のパンフレットに、闘病生活をサポートしてくれる先の電話番号がいくつかあった。隔離施設滞在を申し込む事も出来るみたいだけど、インコの世話もあるので諦めて、フードサポートを申し込んだ。コロナ隔離中、買い物に行けないので、ダンボール2箱分の食料を届けてくれるというサービス。

最短翌日には届くらしいけど、今感染者が急増しているから最長で1週間かかると言われた。でもこれはありがたいサービス。

家に帰ると区の保健所からSMSが入っていた。今日から毎日症状などを報告するアプリのリンクが貼られていたので登録する。今日は昨日より、喉の痛みが激しい。鼻水も出るし、呼吸をすると時々胸が苦しい様な気もする。日中、部屋の中は暑い筈なのに、急に体が冷えて寒くて仕方ない。汗は全然でない。かと思えば、滝の様な汗が止まらなくなる時もある。

身体がウィルスと戦っているんだろうか。頑張れ身体!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。