ス―フィー お茶の話

こんにちはBodhiTreeです。

ちょっと一服。

昔お茶は中国にしか存在していなかった。
その噂は他国の賢者や愚者にも伝わり、
人々はそれぞれ自分たちの思い込みや願望に基づいて、
それを探し出そうとした。

近国の王は中国に使者を送った。
使者たちは皇帝からお茶を授けられたが、

中国の貧しい人々もお茶を飲んでいるのを見て、

この飲み物は自分たちの王にはふさわしくないと判断した。
そして中国の皇帝は別の飲み物を神聖な飲み物だと偽って、
自分たちに渡したに違いないと考えた。

遠い国の最も偉い哲学者は、
お茶に関して集められる限りの情報を収集し、次のように推論した。
それは確かに存在するが、極めて珍しいものであり、

これまでに知られているどのようなものとも異なった、全く新しい植物に違いない。
なぜならそれは飲み物であると同時に、薬でもあり緑色をしていることもあれば、
黒色のこともあり、時には苦く時には甘いと言われているからだった。

いつしか重要な宗教儀式として、お茶の袋を高く掲げた
行列が大通りを行進していたが、誰もその使い方を知らなかったし、
味わおうとする者もいなかった。
誰もがその袋自体に魔術的な力があると信じ込んでいたからだ。

ところが或る日、行進の最中に
「愚か者よ、それにお湯を注いで飲んでみろ!」と叫ぶ者が現れた。
人々にとって、その様な行為はお茶の殺害を意味していたので、
直ちにその男を捉え、縛り首にしてしまった。
この様な事が世界中いたる所で起きていた。

それが何であるか知らずして栽培している人達が居た。
折角手に入れたにもかかわらず、平民の飲むつまらないものだと捨ててしまう者、
盲目的に神聖視し崇め祀っている人々…

実際にお茶を飲んでいたのは、
ごく僅かの賢者とその弟子達だった。
しかも隠れて飲んでいたのだ。

その後、お茶の商人や愛好家のもとに一人の賢者が現われ言った。
「味わうものは知り、味わわない者は永遠に知ることがない。
議論をやめて茶屋を開け!」

これがチャイハネ(茶屋)の始まりである。

トルキスタンヤサウィー教団の導師ハマダ―二―の話より

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。